体重と体脂肪率を日々記録するために、オムロンのカラダスキャンを購入したゼ!?

太っているから薄毛・抜け毛になるのか、薄毛・抜け毛だから太るのか。その因果関係は確実にあると思います。

【関連記事 薄毛と肥満の関係は?!】

www.hade.info

そうでなくても、高血圧や中性脂肪にコレステロールと、お年ごろにとって肥満解消をしなければならない理由には事欠きません。その昔に流行ったレコーディングダイエットではありませんが、まずは現状把握のための記録。そこから着手すべきでしょう。そして記録を見返しての改善。これあるのみです!

という訳で購入したのが、オムロン(OMRON)の体重・体組成計 カラダスキャン HBF-214-BWです。気になるお値段は、3,076円(税込)です。

カラダスキャン購入の決め手は、スタイリッシュな佇まいと薄さ

f:id:hadehadexx:20160807144157j:plain

どうでしょうか。このスタイリッシュさ。ガラス天板ですよ。ちょっと撮影時に映り込みがすごくて加工に苦労したくらいです(笑)ガラス天板の良さは、その見た目の美しさだけではなく、メンテナンス性の高さもポイントです。さっと、ひと拭きすれば汚れが落ちるのです。ホントに便利!

サイズとしては、足を乗せて計るという手法上、どうしてもフットプリントは大きくなってしまうかと思います。男性の足のサイズの平均は25.5〜26.5ですから、それらの足が乗ってバランスがとれなければなりません。30センチ角くらいのフットプリントが必要になってきますね。

このHBF-214-BWは28.5cm×28cmというフットプリントで、厚さは3cmにも満たない28mmという異次元のサイズを実現しています。これは驚きの厚さではないでしょうか。ちなみに、これ以前に使っていた体重計は15年前に買ったモノですが厚さは2.5cmでした(笑)

このカラダスキャンくらい薄いと、縦にして隙間に収納しておくということが可能になります。置く場所にとらわれずに活用できるというのはとても良いことだ思います。薄さは長所だとこの機種を購入してみてよくわかりました。

これだけ良さがあって、価格は3,000円程度なのです。時代の進歩ってスゴイですね!これはストロングバイだと思います。

カラダスキャンの弱点はなにか

弱点としては重さでしょうか、先にも書いたようにガラス天板を採用しているためか、重さはそれ相応にあります。カタログスペック的には1.6kgとの記載が。ガラス天板の壊れやすさと相まって、子どもたちが片手で出し入れする時には注意が必要となるでしょう。

また、音が鳴らないことも弱点のひとつかもしれません。電源を入れ、プロフィールを選択、体重計に乗り、あれ?どのタイミングで計測完了なのかな?と気になる時があります。ピピっという単純な音でいいので、計測完了を知らせてくれると助かるのになという不満はあります。まぁ、見てればわかるのでそれほど問題ではありませんが(笑)

カラダスキャン HBF-214でできること

わたしはもっぱら体重と体脂肪率だけを記録していますが、カラダスキャンの乗りながらチェックするのが楽しみなのが基礎代謝と体年齢です。筋トレやジョギングを続けているので、基礎代謝が上がるのではないかという密やかな喜びと、あんまりあてにはならないかもしれないけれど、実年齢よりも低く体年齢が表示されると嬉しいものです。

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 体脂肪率判定(4段階)
  • 基礎代謝
  • BMI
  • 骨格筋率
  • 骨格筋率判定(4段階)
  • 内臓脂肪レベル
  • 内臓脂肪レベル判定(3段階)
  • 体年齢
  • 前回値メモリ

あとがき

どうでしょうか。どんなあんばいでしょうか。弱点もありますが、それを補ってあまりある省スペースと、置き場所を選ばないスタイリッシュな外観。そもそも3,000円で買えるというおトク感を考慮すると弱点も仕方ないかなと思えてきます。

体重計を買い替える時の候補にぜひ!

コメント