新橋のランドマーク、ニュー新橋ビルにある豚大学で豚丼中盛を食べたゼ!

新橋に所用があり、「牛かつ おか田」にでも行こうとニュー新橋ビルの地下に行ってみたら、お店の前に張り紙が、、、

復興のお手伝いにいくために休みます(うろ覚え)

やるなぁ、「牛かつ おか田」!?あれほどの人気店が、お店を閉めて復興のお手伝いに行くなんて、、、素敵!

それではと、お隣の「チャーハン王」に行こうと振り向くと、異常に並んでいる。。。みんな考えることは一緒か。。。「チャーハン王」なら普通の日に行けば食べられるし、ここは違ったモノを食べてみようと。よせばいいのに1Fの「豚大学」に行ってきました。

「豚大学」は名前のとおり、豚丼オンリーのお店なのです  

f:id:hadehadexx:20160719070101j:plain

見てください!このテラテラとした豚バラ肉の魅力!!上に乗った野沢菜は邪魔だ!とさえ思っていたものですが、この青菜(菜の花)が後で活きてくる?!

わたしが注文したのは中盛(650円)です。他に小(500円)、大(810円)、特盛(1,020円)があります。まずは初心者は様子見で中盛から入るのが良いのではないでしょうか。

トッピングとしては、ガーリック(70円)、青ねぎ(110円)、キムチ(110円)、味噌汁(50円)、半熟卵(110円)などがあります。わたしは初ということで、何もチョイスしませんでしたが、周りでは、半熟卵やキムチをトッピングしている人が散見されました。

気になる豚丼のお味はどうなのか?!

ひとくち食べてみた最初の感想は「あれ?熱々ではない?!」でした。しかし、厚過ぎず、薄過ぎずの豚肉を焼き過ぎれば硬くなるし、豚肉ゆえに焼きが甘いのもまずい。その絶妙の「焼き」がなせるゆえの熱々ではない感ではないでしょうか。

味は美味しいですよね。あまじょっぱいタレが絶妙です。ご飯の量も、最初は豚肉の量と合ってないと思っていましたが、ジャストでした。さすがは「豚大学」です。考え尽くされているようです。

そして、さすがにバラ肉の脂っこさと、ご飯を交互に食べるという単調なリズムに彩りを添えてくれるのが青菜です。一服の清涼感を担ってくれているのです。ここはトッピングでキムチなどを追加してもいいですね。

「豚大学」の最大の弱点は、店内(床や机)のベタベタ感

わたしは普段着で行ったので良いのですが、スーツの人は戸惑うかもしれません。とくに大きなカバンを持っている人などは、床に置くのをためらることと思います。わたしがお邪魔した際にも、隣に座ったスーツ姿の女性が落ち着かない様子でした。なにやら床に置いたカバンを気づかっているようだったので、お店の人が置く場所の説明をしていました。

常連さんが多そうな感じゆえの、とっつきにくさもあるかもしれませんね。そこはそれオーダーは自販機で購入して渡すだけですので、あまり気にせず突入しましょう。

あとがき

どうでしょう。どんなあんばいでしょうか。いずれにせよ、「豚大学」に行くにはやっぱりTシャツ・短パンがベストですね!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする