髪の毛を洗わない、シャンプー使わない湯シャンは効果あるの?フケはでないの?!

髪の毛によいと言われるものは、やはり気になるものです。すこし前に流行った「湯シャン」やそもそも髪の毛を洗わないという手法もそうですね。

実際にわたしが体験した感想や調べてみたことを、今回はまとめてみたいと思います。

髪の毛を洗わないという選択はあるのか?!毎日洗う必要はあるのか?!

寒い日が続いているからオフロに入りたくない、髪の毛を乾かすのが面倒という人もいるかもしれませんが、それでも日々シャンプーしているという人がほとんどではないでしょうか。

病気でお風呂に入れないという状況でもない限り、大多数の人は毎日シャンプーをし続けているはずです。しかし最近、「毎日シャンプーするのは髪の毛や頭皮環境上好ましくないという話」をネット上で散見します。

今回わたし自身、一週間髪の毛を洗わない(シャンプーしない)実験をした結果の画像が下です(あまりキレイなものではないので、若干ぼかしました)

皮脂や汚れでベタベタになっていることと、フケがだいぶ見られます。見た目でない感想としては、ちょっと痒かったことと匂いが少し気になりました。フケやかゆみは頭皮の毛穴がつまって炎症を起こしている可能性を示唆しており、あまりよくありません。

たった一週間、髪の毛を洗わない(シャンプーしない)だけで、この状態ですから怖いものです。頭皮の毛穴が詰まることは最悪の場合、抜け毛に繋がりますからもっとも避けたいところですね。

何度かこのブログでも書いてきましたが、頭皮には身体の他の部分に比して多くの皮脂腺があります。そのため皮脂の分泌が非常に多くなり、それを定期的に洗わない(放置しておく)手はないはずです。

わたしは自分で実験してみた結果として、やはり髪の毛は洗わない(シャンプーしない)といけないことを強く実感しました。

  1. シャンプーしない
  2. 皮脂や汚れが取り除けない
  3. 毛穴が皮脂や汚れで詰まる
  4. 頭皮の炎症をまねく

という悪循環を回避するためにも、髪の毛を洗う(シャンプーする)必要があるのです。

髪の毛を洗う必要性はわかったが、シャンプーは必要なのか湯シャンではダメなのか?!

こちらもわたしは自ら体験したことがあります。三週間実践してみましたが、結論からいえば少なくともわたしには合いませんでした。最初の一週間がいちばんひどい状態でした。上に書いたまったく洗髪しないよりは、ずいぶんマシではありましたが、髪の毛が脂分でぺったんこになってしまうのです。

わたしはもともと髪の毛の分量には自信がありませんので、むしろフワッとさせてボリュームを出したいくらいなのです。しかし、髪の毛がペタンとしてしまうとより少なく見えてしまうのです。しかも脂分が多いため数本の髪の毛がまとまり易くなるのか、これまた量が少なく見えるのですね。これはかなりいやなものでした。

二週間目、三週間目になると皮脂の分泌量が収まりはじめると、ネットなどでは書いてありましたが、わたしの場合はあまりそういった感じは受けませんでした。ただ、ペタンとなるというよりはゴワゴワとした感じになり、ボリュームがないように見える状態は回避されました。

それを考えると皮脂の量が減ったのかとも思われるのですが、髪の毛同士が脂分でくっつくような感じは変わらずだったので、なんともいえないのです。

たしかにお湯で洗い流すことで、髪の毛についた表面上の汚れは落とすことができるのでしょう。しかし、過剰な皮脂などの汚れを落とすことが難しいため、こういった症状が出るのだと考えられます。

結果として、薄毛の自分にはあまり合わないなと考え止めたというのが、湯シャンに対するわたしの感想です。

あとがき

結論としては、わたしは髪の毛は毎日シャンプーして洗うべきだと思います。ただ、シャンプーを頭皮に残したりすると逆効果になり得ます。正しいシャンプー方法を身に付け、適切な洗い方をしないといけないですね。

  • シャンプー前には、ブラッシングで汚れを浮き立たせる
  • シャンプー時は、ツメをたてずに指でやさしく洗う
  • シャンプー後は、熱過ぎないお湯でキチンと洗い落とす

コメント