プロペシア(AGA薬)、ミノタブを飲み忘れたらどうするか?対策や注意点について

銀座総合美容クリニック(以下、銀クリ)で処方してもらったフィナステリドとミノキシジルを、毎日せっせと飲んでいました。こんなに大切なものはないというほど、確実に飲んでいるつもりでした。

しかし、どんなに気をつけているつもりでも、ついうっかりということはあるのです。そうです。わたしは最初の二週間目くらいで飲み忘れたことがあったのです。

フィナステリド、ミノキシジルを飲み忘れたらどうするか?

忘れてしまったものは、基本的にはどんなに慌てても仕方がありません。「一時間後に気がついた。」「外出後に気づいた。」などなど取り戻せる程度の時間であれば、気付いてからでもなんとかして飲むのが一番いいです。実際に、わたしも外出先からわざわざ家に戻って飲んだことが何回かあります。

しかし、気づいたのが翌日だったり、もうどうにもならない場合はあきらめましょう。 一番まずいのは、取り戻そうとして二日分飲んだりすることです。銀クリにおける三回目の診察時に正木院長に確認したのですが、

院長「なにか気になることはありますか」

ハデ「そういえば、いつかはわかりませんが薬を飲み忘れたことがありました。そういう時はどのようにすればよいでしょうか。」

院長「そういう時は、気にしないことです。慌てて二日分飲んではいけませんし、気にし過ぎるのもよくありませんから」

とのことでした。たしかに気にし過ぎるのは髪の毛に悪そうなので、本末転倒になってしまいますよね。さすがは正木院長です。

あわせて読みたい銀座総合美容クリニックに行く前に心配していたこと。不安だったこと

毎日、同じ時間に飲み続けるのが好ましいのは、そもそも血液中の薬効成分を一定に保つためなのです。飲み忘れることによって、間違いなく一時的にその血中濃度は下がることでしょう。

しかし、焦って二日分を飲んでしまうことにより、逆に血中濃度が高くなり過ぎることによる弊害(ことと次第によっては副作用)の方が恐ろしいのです。 薬というものは、すべからく定量が決まっており、それ以上飲むことは禁じられています。

「禁じられています」と書いてしまうと言葉は強いですが、好ましくないということは、だれしもが直感的に感じると思います。鎮痛剤としてどこにでも売っているバファリンのような薬でさえも、説明文書には「用法・用量を厳守してください」といった記載があるくらいですから。病院からの処方によるものであれば、必ず守りたいものです。

銀座総合美容クリニック 公式サイト

飲みわすれない工夫として、iPhoneのタイマーに文言(メッセージ)を設定する

そもそも数ヶ月から、ことによっては数年単位での服用になる訳ですから、一日くらい抜けたって誤差の範囲となります。二日も三日も連続で飲み忘れるのはそれはそれで問題ですが、おそらくそこまでいくと別の原因があるのではないでしょうか。

そこで、わたしが実行している飲み忘れない工夫を紹介したいと思います。毎日飲むことが大切ですから、まずは忘れないように飲み易い時間に固定しましょう。

早朝、目が覚めてすぐというのは「忘れない」という観点からはいいのかもしれませんが、起きる時間がズレたりすると「毎日一定の時間」という観点からは難があります。

そのため、わたしは準備を整えて一服している毎朝八時に薬を飲むことにしています。 しかし、人間というのは決めたことを忘れる生き物です。バタバタしていたり、家人に何か頼まれたりすると、これだけ大切な薬を冒頭のように飲み忘れてしまうのです。

そこで活用したいのがiPhone(スマホ)のタイマーです。iPhoneに標準時計アプリについているタイマーで十分です。画像のようにアラームを編集する際にラベルをつけることができます。例えば「銀クリの薬を飲む」などですね。

そうすると毎朝八時にアラームが鳴ると同時に、そのラベルが表示されます。わたしはたったこれだけでずいぶんと意識が変わりました。オススメです!

あわせて読みたい納得!なぜ、銀クリは身分証(免許、保険証)の提示を求めるのか。また個人情報の保護は大丈夫なのか

ピルケースにプロペシアとミノキシジル一錠ずつ入れて持ち歩く

先に書いたように、「飲み忘れた!」と気付いた後に、わざわざ家に飲みに帰ることを繰り返すうちに思いついたのが、予備を持ち歩くことです。これであれば、気付いた際に出先で飲むことができます。

こう書いてしまうとバカバカしいくらいに単純な話ですが、安心を持ち歩いているようなもので、精神衛生上もとても有効な策だと考えています。

なぜ一錠ずつなのかというと、常時カバンなどに入れて持ち歩くのですから、移動時の揺れなどで少しずつ錠剤が破損していくことを危惧しているのです。複数の錠剤が傷むよりは一錠ずつであれば、損害も少ないのではないかと考えたわけです。

誰しもが旅行時等には、ピルケースに小分けにして持ち運ぶと思いますが、これを日常にも転用して飲み忘れを防止する策としているのです。これはオススメです!

AGA

あとがき

さきに朝飲むことにしたと書きましたが、わたしは夜の付き合いも多いですし、飲みすぎてヘロヘロになることもあります。そのため、朝に飲んだ方がいいなと考えたのですが、それで大正解でした。

同じように飲み会や付合いが多い方は朝飲む事をオススメします(そもそもフィナステリドやミノキシジルを、お酒と一緒に薬を飲むことが好ましくないということもあります)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする