納得!なぜ、銀クリは身分証(免許、保険証)の提示を求めるのか。また個人情報の保護は大丈夫なのか

わたしが銀座総合美容クリニック(以下、銀クリ)を実際に訪ねる直前まで不安だったのが、身分証の提示に関してです。今となっては、疑問は解消し安心して銀クリに通っているので、思い返すと笑えるくらいですが当時は本当に心配していました。

銀クリの電話応対がひどいわけではありません。丁寧で感じのよい方ばかりです

無料カウンセリングの予約電話の際に、「なぜ、身分証明証が必要なのか」を訪ねてみたのですが、オペレーターからの回答は「保険診療ではないため健康保険証は必要ありません。しかし、お客様の確認をするために必要となるのです」といった感じでわたしの不安を解消するものではありませんでした。

実は、わたしは一度予約の日程を変更しているのですが、心の中には行きたくないなという思いが少なからずありました。その思いの裏には身分を明かしたくない(身バレしたくない)ということがあったのも事実です。

予約変更にあたって、電話でオペレーターさんに再度、「保険が効かない診療と聞いていますが、この身分証明書は何に使うんでしょうか」とより具体的に聞いてみたのですが、その時の回答も「はい、保険は効きませんが身分証明書の提示をお願いしています」という答えになっていないものでした。

こんな風に書くと、かなりしつこい人のように思われるかもしれませんが、そのくらい気にするものなのです。本名を名乗り住所もすべてあきらかにしたうえで、「わたしは薄毛で悩んでいます」と打ち明けにいくのですから。その心理的障壁は高いのが普通だとわたしは思います。

銀クリの正木院長の答えは、明快でとても納得できるものでした

もちろん、電話での受け応えはものすごく丁寧でしたし、女性特有の柔らかい口調で言っていただけているので不安をより掻き立てるということはありません。ただ、問題の解決にはなっていなかったのです。

わたしは二回目の診察が正木院長でしたので、その際にこの疑問について聞いてみました。

ハデ「身分証明書が必要なのは、どういった理由からでしょうか」

院長「やはり、治療とくに薬というものを扱う関係上、何か緊急でお伝えしなければならない可能性がないとは言い切れない。そのためにも身元を確認する責務があるのです」

ハデ「なるほど、そういうことだったのですね」

こういった感じでズバリと言い切ってくれると納得度が高いですし安心できますよね。さすがは正木院長です。

銀クリのカウンセラーさんにも初回無料相談時に聞いてみた

銀クリの初回無料相談を担当してくださったカウンセラーSさんにも、聞いてみましたがこちらも納得できる回答でした。

ハデ「実は一番心配していたのが身分証明書の件だったのですが、なぜに必要なのでしょうか」

S氏「副作用の可能性がある薬を処方する関係上、年齢を確認する必要があります。もしも、未成年だった場合などのリスクがあるのです」

ハデ「なるほど、たしかにそうですね」

一度しかお会いしていませんが、銀クリのカウンセラーさんは本当に素晴らしいです。こちらの不安に寄り添うかのような対応をしてくれます。こちらも納得度は高いです。

実際の身分証明書の確認は、ほんの一瞬でありすぐに返してくれるから安心

受付を担当してくれた女性が、わたしが書いた問診表(カルテ?)の内容を確認するために、身分証明書(わたしの場合は免許証)をその場でチェックしてすぐに返してくれました。

受け渡してしまうこともありませんし、返ってこないなどという心配もありませんでした。まったくの杞憂だったといってもいいでしょう。

>>安心と実績の頭髪専門外来!AGAなら銀クリへ<<

個人情報保護方針については、サイトのプライバシーポリシーをチェックしてみました

銀クリの公式ページでは確認できませんが、銀クリの情報サイトである「銀クリAGA.com」にはプライバシーポリシーが記載されています。その内容については以下の通りです。

当サイトまたはその運営者は、カウンセリング予約フォームを通して、蓄積されたユーザーの個人名、電話番号、電子メールアドレスなどの個人情報を管理しておりますが、そのデータを第三者に転売・譲渡したり、開示することは一切致しません。当サイトまたはその運営者は、診療の予約業務等のためにご連絡を差し上げますが、その使用は弊院が定めた下記の「個人情報の利用」に限られた範囲にとどめており、弊院は、これら登録していただいた個人情報を細心の注意をもって管理しています。

個人情報の管理に関しては、情報保護の担当責任者を決め、鋭意、監督、管理し、情報の保護に細心の注意を払いますが、緊急の場合には、内容を予告なく変更することがありますので、予めご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

キチンとこういった方針を打ち出しておられることには安心できるかと思います。公式ページにも個人情報保護に関する内容が記載されていれば、もっと安心感が出るのではないでしょうか。

AGA

あとがき

冒頭にも書きましたが、今となっては笑えるような話ですが、本当に身分証明書を出すのがイヤだったのです。そんな人が他にもいるかもしれない、そんな方のお役に少しでもたてればと思い記事を書いた次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする