モスバーガーのモーニングバーガーBLTはヘルシーでオススメだが、組み合わせに注意が必要だぜ!

朝食は一日の活力の源です。キッチリと食べる派のわたしは、街の喫茶店やコーヒーチェーン(ドトールコーヒーやサンマルクカフェ)、ハンバーガーチェーン(主にモスバーガーなど)でよくモーニングを食べています。

その中でも、イチオシはモスバーガーで、なかでもモーニングBLTがオススメなのです。

f:id:hadehadexx:20160723071229j:plain

モスバーガーのモーニングBLTがオススメな3つの理由

オススメな理由その1 旨い!

モーニングBLTがオススメな理由の筆頭格は、まず「味」です。わざわざ外で食べるのだから旨くなければはじまらない!まずいもの食べるくらいならば、うちでフルーツグラノーラでも食べていた方が栄養価が高いのです。

さすが外食です。しっかりと味がついています。ケチャップ、マヨネーズまで調味料タップリです。いや、こう書くとカラダに悪そうですが、そこはモスバーガーです。そんなに悪くないと思います。。。

オススメな理由その2 お野菜タップリ!

次の理由としては、やはり野菜が含まれているというところですね。まさにモスバーガーらしさといえるでしょう。

写真を見てください。レタス、オニオン、トマトがキチンと確認できるほどの分量入っています。これがマクドナルドやロッテリアのハンバーガーであれば、オニオンがほんの少々入っている程度なのです。

オススメな理由その3 カロリー低めでヘルシー!

やはり、カロリーは押さえておくべき要素です。単体でのカロリーは220kcalです。これまたハンバーガーの類いとしてはかなり低い部類に入ります。

モスの定番メニューであるモスバーガーは354kcal(チーズが入ると407kcal)比較的ヘルシーなイメージのテリヤキチキンバーガーでも300kcalあります。モーニングBLTがいかに低カロリーかがわかると思います。

ちなみに同じくモスの朝メニューにラインナップされているモーニング野菜バーガーは324kcalです。名前のとおり野菜はBLTと同量とれるのですが、ベーコンが入っているのかハンバーグパテが入っているのかでこんなにもカロリーが変わるのです。驚きですね!

モーニングバーガーBLTに何を組み合わせるのが最適解か?!

結論からいいます。ヘルシーさを求めるならば、アイスウーロン茶一択です。カロリーがほぼありませんから。同じ理由から、プレミアムブレンドコーヒー、プレミアムアイスコーヒー(コロンビア豆100%)、プレミアムアイスティー(キャンディ茶葉)、紅茶(キャンディ茶葉)でもミルクや砂糖を入れなければ、ほぼカロリーはありません。

※しかし、なぜ、ブレンドコーヒーだけコロンビア豆とかキャンディ茶葉みたいな表記がないのだろう。公式ページの原典にあたって表記しています。

わたしは栄養価と美味しさをもとめて、クラムチャウダーなどのスープと併せて、ついでにお水ももらっています。クラムチャウダーのカロリーが119kcalありますので、結果として台無しじゃないかととるか、朝から美味しいスープを飲んで栄養取ったぜ!ほっこりしたぜ!と思うのは、個々人のチョイスかと。

【関連記事 こちらもモスのモーニング】

www.hade.info

あとがき

どうでしょう。どんなあんばいでしょうか。せっかくの栄養バランスとカロリー控えめメニューですので、オレンジジュースなどをついうっかり組み合わせない方がいいですね。いや、もちろんビタミン追加で健康!というのも最高ですが(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする