朝シャンから夜シャンに変えた初日に髪の毛に異変が?!

昨夜の記事で、朝にシャンプーするべきではなく、夜にシャンプーするべき理由を書きましたが、早速昨晩から夜のシャンプーをはじめました。

【関連記事 夜にシャンプーしないとヤバイぜ】

www.hade.info

ついでに、枕カバーも洗濯するためにはがして、とりあえずは清潔なタオルを枕に巻いて寝ました。

夜にシャンプーした初日の朝の様子

気のせいかもしれませんが、ぐっすりと眠れたような気がしました。髪の毛に良いことしているんだという期待が、そう思わせたのかもしれません。

出かける前に鏡を見たのですが、寝癖もそれほどついてはおらず、少しだけ水で濡らして手櫛でチョチョイと整える程度でした。前夜のシャンプーから10時間ほど経過していたわけですが、皮脂が出まくってベッタリという感じもありませんでした。そう、朝は。。。

f:id:hadehadexx:20160812062646j:plain

夜にシャンプーした初日の日中の様子

とくに違和感もなく、普通に過ごしていたのですが、昼過ぎにトイレに行った際に鏡を見てビックリ。なんだかペットリとしているではないですか?!明らかに脂ベッタリになっており、ふんわりとした髪のボリューム感がなくなり、いつもより薄く見えてしまっています。

「え?これはまずい!夜シャンプーしたから?なぜ?!」と焦りながら、なんとか整えようと試みますが、どうにもなりません。少しだけ意気消沈しつつも考えてみた結果、その日はとても暑い日なのに、用件がいくつもあり外を歩き回ったことに思い当たりました。もちろん、汗をたっぷりとかいたので、それで髪の毛に悪影響を及ぼしているのではないかと考えたのです。

もちろん、夜にシャンプーしたことが悪い影響を及ぼしている可能性もない訳ではないですが、この時点で決めつけるのはナンセンスだし、この時点でいろいろと思い悩むのはもっとナンセンスだと、気楽に構えることにしました。

夜にシャンプーすることに変えたことと皮脂の関係を調べてみた

悩むのはムダですが、原因を調べて傾向と対策を打つことは大切です。というわけで、いろいろと調べてみました。ネットで調べて範囲でも、やはり夜にシャンプーすることをオススメする記事ばかりでした。

気になった内容としては、夜にシャンプーしつつ、寝癖をなおすためやシャンプーの香りを残したいがために、朝もシャンプーするのは皮脂を落とし過ぎるためよくないというものです。

皮脂は落とし過ぎると、今度は過剰に分泌されるようになります。何事もやり過ぎはよくないという見本のような話ですね。

しかし、わたしの場合は、夜にシャンプーするだけですからこの話には当てはまりません。やはり問題は特にはないようなのでした。

あとがき

どうでしょうか。どんなあんばいでしょうか。たまたま夜シャンに変えた初日が暑い日で、汗をかきすぎただけならば良いのですが、しばらく経過を観察してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする