スタバのホットベイクドアップルは、甘さと酸味がほどよく旨い!髪の毛にもいい?!

北風が吹き荒れる師走の一日。カミさんと街に買い物に出たついでにスタバに寄ってきました。お目当てはもちろん、新作の「ホットベイクドアップル」です。

スタバのホットベイクドアップルの第一印象は?!

パートナーさんから受け取った「ホットベイクドアップル」は、蓋をした状態でもほんのりとリンゴの香りが漂ってきます。まずは席について、ゆっくりと蓋をとってみたのが上の画像です。

目に入ってくるのは、たっぷりのホイップクリームとその白に対する黄金のリンゴのペーストのようなモノ。そして、粉っぽいのはシナモンですかね。これだけ見ても食欲をそそります。名称のイメージからしても食べ物っぽいですよね。

焼きりんごの味わいをイメージしたホットドリンク

温めたアップルジュースベースに、皮ごとすり潰したりんご・焦がしバターとブラウンシュガーを混ぜ込んだソースを合わせ、ホイップクリームとブリュレパウダーで仕上げました。 焼きりんごの甘みと食感がぎゅっと詰まった寒い時期にぴったりのホットドリンクです。

公式ページの説明にも上のような記載がありましたので、わたしのファーストインプレッションはあながち間違ってはいなかったようです。

www.starbucks.co.jp

スタバのホットベイクドアップルの気になるお味は?!

わたしはタイトルにも書いているように、甘さと酸味がほどよくとても美味しいと感じました。焼きリンゴの味わいを再現したかと言われるとちょっと違うような感じですが。。。わたしは最初からジュース感覚で飲んでいたからかもしれませんが、実に好ましい味だと思っていましす、リピート間違いなしです。

しかし、うちのカミさんに言わせると「甘すぎる・・・」とのこと。自分で頼んだ「カフェミスト」を足したりして、「ううう、よけいまずくなった」などとさらに苦しんでいました。スタバということでカフェメニューの一環として考えていたようです。

スタバのホットベイクドアップルにオススメのトッピングは

うえにも書きましたが、うちのカミさんのようにコーヒーメニューをたすとダメなようです。わたしがやってみたうえでのオススメは、ハチミツとシナモンパウダーです。え?ハチミツでさらに甘さを増すのかと思われるかもしれませんが、ハチミツを加えることでマイルドな甘さになるのです。コツとしては入れ過ぎないことですかね。

シナモンに関しては、われわれ薄毛・AGA、抜け毛が気になるものとしては定番の食材です。血流をよくし毛細血管を修復する効果があるとも言われているシナモンは何にでも入れたいくらいのトッピングメニュー。もちろんこのホットベイクドアップルにもシナモンパウダーを入れてみました。これが実に合うのです!まろやかな味わいに変わるのもそうですが、風味と香りがまたバッチリの相性!超オススメです。

これだけ気に入っているのでちょっと気が早いですが、もうすでにいつまでこの「ホットベイクドアップル」がやっているのかが気になっています。しかし、公式ページにも期間を明示してはありません。

ひとつの指標として、毎年スタバでフードメニューとして出されているアップルパイと同じ時期ではないかとも思ったのですが、アップルパイ自体が終わり次第となっているのでわからないのは変わりませんでした。ただ、ホットドリンクですから寒い期間だけだろうなとは思います。

あとがき

どうでしょうか。スタバのホットベイクドアップルの魅力が伝わったでしょうか。寒い師走のバタバタしたひとときをホッコリとした気分で過ごしたい。そんなときにオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする