名古屋できしめん食べるなら名古屋駅新幹線ホームにある「住よし」もオススメ!

所用で名古屋に行っても日帰りが多いことと、三重や岐阜への通過点だったりすることもあり、JRから名鉄へはまだしもJRのホーム(駅構内)から出ないことすらもあります。そんなわたしの名古屋メシの楽しみのひとつが「住よし」さんできしめんを食べること。

こちらで紹介してあったので、思い出した訳ではないですが記事に書きたいと思います。

sos.hatenablog.jp

名古屋駅の「住よし」と一言でいうが複数店舗ある

「名古屋駅できしめん食べるなら「住よし」がオススメ。やっぱりあそこのダシは旨いよねぇ。」などという話題によくなりますが、ではどこにあるの?といえば実はたくさんあるのです。

駅構内飲食店の元締めであるジャパン・トラベル・サーヴィスのHPによると現在、名古屋駅には、

  1. JR名古屋駅 新幹線上りホーム
  2. JR名古屋駅 新幹線下りホーム
  3. JR名古屋駅 1・2番線ホーム
  4. JR名古屋駅 3・4番線ホーム
  5. JR名古屋駅 5・6番線ホーム
  6. JR名古屋駅 7・8番線ホーム
  7. JR名古屋駅 10・11番線ホーム

の7店舗があるようです。ここで目端の効く方は、「あれ?なんで9番線ってないの?JR名古屋駅は縁起を担いで9を無くしているのかしらン?」などと思うかもしれません。しかし、なんのことはありません、ただ単にそこは貨物列車の番線なのです。そのため乗降用のホームがないだけです。

ちょっと話がそれましたが、わたしが今回お邪魔したのは、JR名古屋駅 新幹線下りホーム店です。どこどこのお店が美味しいなどと、通のあいだではそれこそ様々な議論があるようですが、どのお店も一定以上の美味しさだと思いますので、行ったついでに便利なお店に行くとよいでしょう。

オススメのきしめんは何か?!

わたしのオススメは「きしめん」350円です。いや、別にケチっている訳ではないのですが、だいたいにおいてただの「きしめん」をチョイスします。俗に言う「すうどん」のように何もトッピングがないものをさしますが、「住よし」の「きしめん」には画像のようにかつおぶしがたっぷりと載っています。

当り前の話ですが、麺やスープも他のリッチなきしめん達とまったく同じなわけですから、最小の構成(コスト)で最大の利益を感受できるという寸法です。

じつは一度、いかにも名古屋っぽい「味噌きしめん」というのを食べた際に、せっかくの繊細なダシの味が消えてしまっているように感じて後悔したことがあります(そりゃそうだ!)それ以来、「住よし」で選ぶのはノーマルきしめん一択です。安いですし、ぜひ一度ご賞味ください。

あとがき

どうでしょうか。名古屋メシには旨いモノがたくさんありますが、玄関口である名古屋駅で手軽に食べられる「住よし」のきしめん、オススメです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする